サプリメント(栄養補助食品)のこと>栄養管理にサプリメント

栄養管理、骨粗鬆症の改善や予防に役立つサプリメント



骨粗鬆症は特に中年以降の女性にとって深刻な健康問題になっています。中年後期あたりから、エストロゲンなどの女性ホルモンの分泌が急激に減ってしまうことが原因で、骨量が減り始め、骨がもろくなってしまう病気です。

骨密度には、カルシウムが関係していますが、それを左右するのはパラソルモン、活性化ビタミンD、カルシトニンといったホルモンのバランスです。

普段の食生活、栄養管理しても、カルシウム摂取不足な人は多いとことでしょう。そういう人は将来、骨粗鬆症になる可能性が高いと思います。

そういった方、栄養が偏っていると思う人は、サプリメントで補うことをお勧めいたします!

骨粗鬆症を予防するサプリメントはこういった栄養素が必要です。

骨を構成している成分はコラーゲンをはじめとする骨基質タンパク質とカルシウム、リン、マグネシウムなどのミネラルです。

これらは食事から摂取することができますが、骨をつくるためにはさらに、ビタミンD、K、C等が必要です。

骨代謝に関係する栄養素は、ビタミンDは腸管においてカルシウムの吸収を促進し、ビタミンKは骨基質たんぱく質の一つであるオステオカルシンの合成を、ビタミンCはコラーゲンの合成を助けます。たんぱく質も正常な骨形成に欠かせない栄養素です。

・カルシウム、リン、マグネシウムは、骨の形成に必要です。
・ビタミンD:腸管におけるカルシウムの吸収を促進して骨の形成を助ける。
・ビタミンK:骨基質(オステオカスシン)の合成に必要
・ビタミンC:骨基質(コラーゲン)の合成に必要
・タンパク質:骨の形成に必要ですが、摂りすぎたらカルシウムの排泄が促進される。

健康的な骨中カルシウム含量を維持するには、カルシウムが適切に吸収、利用されるように相乗効果の高い成分イプリフラボンという栄養素を摂るといいでしょう。
イプリフラボンは、骨へのカルシウムの吸収を促進します。

「サプリメント活用の極意!」サプリメントの効果最大化の知恵を盗んで下さい!



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41591865
この記事へのトラックバック

4-ナフトキノン)これ以外に
ブログ名健康食品の栄養事典

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。