サプリメント(栄養補助食品)のこと>栄養管理にサプリメント

栄養管理、血管、骨、腸を若々しく保ち健康寿命を延ばしましょう!


健康寿命って知っていますか〜ぁ

私たち、みなさんが日常の生活を自立して元気に過ごせる期間を、『健康寿命』と言うんですね。

平均寿命と健康寿命の差が6.4年あるそうです。健康寿命を延ばして平均寿命に近づけることが、国民健康づくり運動「健康日本21」の目的の1つになっているんですね。

では、健康寿命を延ばすために、左右する3つの年齢とは、ここがポイントですので確認しましょう♪

1.血管年齢
老年期痴呆の原因の3割以上を占める脳卒中は、血管年齢を若く保ち、動脈硬化を防げば減らすことができます。

2.骨年齢
寝たきりの二大原因は、脳卒中と骨折(骨粗鬆症)です。寝たきりを防ぐには、骨年齢を若く保つことが重要です。

3.腸年齢
加齢に伴い腸内ではビフィズス菌などの善玉菌よりも、悪玉菌が優勢となり免疫力の低下をまねきます。腸内を善玉菌優性に保つこと、すなわち腸年齢を若く保つことが大切です。

それから、日常生活の中で健康寿命を延ばすための栄養管理、食生活はどんなことを注意すればいいのでしょう。

健康寿命をのばす栄養管理、食生活5つのポイント!

1.塩分を控える

食塩は血管の老化を早める元凶です。食塩摂取の目標は1日10g未満にしましょう。

2.動物性脂肪のとりすぎに注意

丈夫な血管を保つには、良質のタンパク質が必要です。脂肪を落として食べる工夫をしましょう。

3.野菜たっぷり、果物どっさり

野菜と果物は、抗酸化物質やカリウムの宝庫!血管を痛めつける活性酸素を消去し、血圧を下げてくれます。

4.牛乳・乳製品を積極的にとる

牛乳・乳製品は良質のたんぱく質とカルシウムの重要な摂取源。血管と骨を若く保つのに欠かせません。ヨーグルトには、腸年齢の若返り効果も期待できます。

5.大豆製品、魚、海藻をきちんととる

大豆は良質のたんぱく質、カルシウム、イソフラボンの摂取源。魚はEPAやタウリンが豊富です。海藻が含む水溶性食物繊維は余分なコレステロールの吸収を妨げるほか、腸内でビフィズス菌の増殖を助け、腸の若さを保ちます。

以上のポイントを意識しながら普段の栄養管理、食生活などを注意して見ましょうね。。

サプリメント活用の極意!」サプリメントの効果最大化の知恵を盗んでね!




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41965838
この記事へのトラックバック
お肌の乾燥に必要なセラミドとセラミドを増やすための7種の野菜と果物を同時に摂取「フィトケミカル」☆アンチエイジング☆
ご訪問ありがとうございます(^。^) アンチエイジング生活よりフィトケミカルの紹介です♪ これから冬に向かう季節 最も気になるのが 【 お 肌 の 乾 燥 】です。◆ 赤ちゃんの肌がピチピチなのは..
ブログ名アンチエイジング生活@私流

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。