サプリメント(栄養補助食品)のこと>栄養管理にサプリメント

栄養管理、サプリメントを保険にして活用する。

土が汚染され、水が汚染され野菜の栄養が減ってきている現代、野菜や穀物だけで完璧な養を摂取するのは、なかなか難しいと思います。 土壌汚染や化学肥料の使用により地力が年々落ちて野菜自体の栄養が減少しているからですね。 

また、油で揚げる料理がすごく増えたり、大気汚染、や水質汚染など身体が消費するアンチオキシダント、即ちビタミンEやビタミンCの消費が昔と比べて増えています。 
それに個人が必要とするビタミン量は千差万別で、あなた自信が本当に必要とするビタミンの量は標準のそれで足りているのかどうか誰もわかりません。 

野菜や穀物だけでは、栄養が足りていないのです。あなたは感じていますか?

日本には政府が定める目安のビタミン必要量がありますが、アメリカが定めた基準(RDA)からは遙かに少ないです。 
そして飲酒、喫煙、運動、病気などの要因によってあなたが必要とするビタミンの量も変わってきます。

こういった事を考えると、野菜や穀物で栄養をとるのを心がけた上で、万が一不足する場合にそなえ「保険」の意味でマルチビタミンのサプリメントを摂取するのが理想的だと思います。

丸本淑夫という方が書いた養に関する本を読んで見て下さい。彼が推奨するのはその国の伝統的な家庭料理を基本に食を組み立てていけば大きな間違いのない栄養が取れると言う理論です。 ただし、ビタミンやミネラルの必要量は各人異なる(生化学的個性)があるので、「保険」の意味でもサプリメントを摂るいうことを彼が推奨しています。 

良く「バランスの取れた食事」などと世間でいいますが「戦争のない平和な世界」と同じで具体性が無いですよね。 ですから丸本氏が進める伝統食+サプリメントが一番良いと考えではないでしょうか。 

サプリメントの知識をつけた上で活用することが大事なんです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58214390
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。