目的別に栄養管理>目のサポート

フリーラジカルの攻撃から目を守るための栄養管理


ビタミンCは、ビタミンEを活性化させるというサイクルで、相互作用させる栄養管理をしましょう。

水晶体や黄斑 (光覚神経が最も集中している網膜領域) など、目を構成する精密な組織構造の多くは、フリーラジカルの攻撃に敏感なんです。

白内障などは、目の中のタンパク質を壊して水晶体をにごらせて、視界を鈍らせます。年齢と共に、白内障にかかる可能性は高くなっています。特にタバコを吸う人、糖尿病の人、また日光によく当たる人は、白内障にかかる率が高くなります。というのはフリーラジカルが発生して、体にダメージを与えるからです。

目の水晶体の主要な抗酸化物質であるビタミンCはビタミンEの貯蔵を促進し、ビタミンEはグルタチオンを活性化した状態で維持し、フリーラジカルの攻撃から水晶体を守ります。

目のビタミンCレベルは老化に伴い減少するため、適切なレベルのビタミンCを維持するには、ビタミンCを補給する必要があります。

リボフラビン (ビタミン B-2)、ナイアシンアミド (ビタミン B-3)、ミネラルのセレンはすべて、グルタチオンの保護に必要な成分です。亜鉛は、視力の維持に欠かせない網膜中の2種類の酵素の働きに必要です。

きれいな水晶体を保ち、ハッキリとした視界を保つために、目に良い抗酸化栄養素をたくさん取るような栄養管理しましょう。




ランキングにポチッと応援よろしくです!→banner_02.gif



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。