目的別に栄養管理>目のサポート

カロチノイドで黄斑を保護する栄養管理



目に関する最近の研究で注目を集めているルテインとゼアキサチンという 2種類のカロチノイドは、目の健康を維持する上で特に重要な栄養素です。

ルテインは、目の水晶体と黄斑の両方に含まれているカロチノイドです (黄斑は、網膜上の最も繊細かつ密集した神経網です)。

ルテインとゼアキサチンは、特異なパワーをもつ「カロチノイド」で、野菜などに含まれていますが、ルテイン、ゼアキサチン不足によるトラブルが問題になっています。

ルテインとゼアキサチンが豊富に含まれている食品は、ほうれん草、ケール、チリメンキャベツ、ロメイン レタス、エンドウ豆、卵黄、ニラネギなどです。

健康な網膜の黄斑にはルテインとゼアキチンサンが集中して存在しており、紫外線が網膜に射し込むと生じるフリーラジカルはこの2種類のカロチノイドにより中和されるものと見られていますので、目の栄養管理にはかかせませんね。

ルテインを摂取する方は、特にビタミンAを一緒に摂ると効果的です。また、ルテインは水に溶けにくいため、吸収されにくい性質があります。そのため、ルテインを溶解する 「大豆レシチン」 を一緒に食べると、より効果的ですよ。




ランキングにポチッと応援よろしくです!→banner_02.gif



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。