目的別に栄養管理>肺と呼吸のサポート

N-アセチルシステインで活性酸素を防ぎましょう


N-アセチルシステインはアミノ酸の一種。肝臓で合成される抗酸化酵素グルタチオンの合成になくてはならない働きをします。肝臓や肺の細胞の機能を高める。グルタチオンは、免疫システムを強くして、肺で炎症が起きているときや、肝臓で有害物質を解毒するときに放出される活性酸素を除去する作用を持ちます。

●特に「たばこ、お酒、大気汚染により汚れた体内の掃除に強力に働きます。
●体内酵素を守り、活性酸素などによる細胞ダメージを強力に防ぎます。
●感染などによる病気になりにくくします。

私たちの生活環境のさまざまな活性酸素、たばこ、排気ガス、殺虫剤、除草剤、炭火調理やスモークされた肉に見られる発ガン物質、そのたいろいろな毒物から身体を保護する働きがあるんです。

タバコを吸う人や、お酒を飲む人におすすめの成分です。体の免疫システムも強くしますので必須と言えるでしょう。


ランキングにポチッと応援よろしくです!→banner_02.gif


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。