目的別に栄養管理>肺と呼吸のサポート

ハーブで相乗効果のある栄養管理



肺の健康をサポートするには、重要な栄養成分と、自然の力でサポートすることによって健康な肺機能を維持することが昔から考えられてします。

多くの異なる伝統、文化からもハーブが肺の健康に良いとされています。効果の良いハーブ摂り相乗効果によって肺の栄養管理をすることをオススメいたします。

こちらに、肺に良いとされる代表的なものを上げて見ますね。参考にしてみて下さい。

○ヤナギトウワタ (Asclepias tuberosa) は、その俗称には「胸膜炎の根」という意味があり、肺の栄養サポート源として昔から使用されてきました。
ヤナギトウワタは肺の内層と気道 (気管支) の健康を維持し、気管支筋をリラックスさせ、粘膜の粘液の理想量を維持するのに役立ちます。

○モウズイカ (Verbascum thapsus) には、約 3% の粘漿薬と、少量のタンニンとサポニンが含まれています。粘漿薬成分は粘膜の健康をサポートし、一方タンニンとサポニンは粘膜における粘液の正常量を維持する働きがあると考えられています。

○ニガハッカ (Marrubium vulgare) は、ヨーロッパとアジアの全域で自生する、小さな白い花を咲かせる多年草です。ニガハッカには、揮発性の油、ジテルペン、フラボノイド、アルカロイドなどの多くの化合物が含まれています。
古代ギリシャの有名な医学者であるガレノスは、健康な肺の機能を維持するこの植物の効能について記しています。

○コロハ (Trigonella foenum-graecum) の種子には、揮発性の油、アルカロイド、サポニン、フラボノイド、および粘漿薬成分が含まれています。これらの種子は、スパイスとして使用されてきた長い歴史があり、古代アーユルヴェーダの健康法において数千年にわたり広く使用されてきました。
植物学の研究論文には、コロハは気管支筋の自然なリラックスをサポートするという記述があります。その他の特性と相まって、コロハは健康な肺の機能を維持する食品として非常に優れています。

○イエルバサンタ (Eriodictyon californicum) には、天然のムコ多糖と糖タンパク質が豊富に含まれています。粘膜の自然な水分レベルをサポートする、という性質が知られていることから、アメリカ先住民族が何世紀にもわたって使用してきた特別な食品です。

○カキドウシ葉は、動物での研究により、気管支筋をリラックスさせる作用が証明されています。28 人の子供を対象とし、カキドウシ葉エキスのドロップを 25 個、1 日 2 回与え、偽薬を使用した比較科学試験においても、気管支筋を自然にリラックスさせる効果が確認されました。

栄養管理、効果的な摂取を心がけ、相乗効果で健康な肺をサポートしましょうね。


ランキングにポチッと応援よろしくです!→banner_02.gif


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
試写室にてwww
お互い家でするのは嫌だし、ホテルってベタだし・・・試写室でヤってきたww スリルあるし密室感あるし普通よりスンゲー興奮したwwwwww 女もスゲエ濡れ濡れで何回もイってたしw おかげで10マソも貰えた..
ブログ名暴走

スッキリ♪
ちょw 山ちゃんに教えてもらったとこウマすぎwwww そらロレックス買えるわなって話(^^; 試しにやってみたんだけどさ、初めてなのに5万貰えたわwwwww http://H4VB0ls8.sefr..
ブログ名ねつら

パチン-コ最高ーーー!!!
ここで稼いだ金を使って毎日パチ打ちまくってるよwwww まともに仕事しなくても余裕だしウハウハすぎwwww
ブログ名啓次

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。