サプリメント(栄養補助食品)のこと>栄養管理にサプリメント

栄養管理、サプリメントを保険にして活用する。

土が汚染され、水が汚染され野菜の栄養が減ってきている現代、野菜や穀物だけで完璧な養を摂取するのは、なかなか難しいと思います。 土壌汚染や化学肥料の使用により地力が年々落ちて野菜自体の栄養が減少しているからですね。 

また、油で揚げる料理がすごく増えたり、大気汚染、や水質汚染など身体が消費するアンチオキシダント、即ちビタミンEやビタミンCの消費が昔と比べて増えています。 
それに個人が必要とするビタミン量は千差万別で、あなた自信が本当に必要とするビタミンの量は標準のそれで足りているのかどうか誰もわかりません。 

野菜や穀物だけでは、栄養が足りていないのです。あなたは感じていますか?

日本には政府が定める目安のビタミン必要量がありますが、アメリカが定めた基準(RDA)からは遙かに少ないです。 
そして飲酒、喫煙、運動、病気などの要因によってあなたが必要とするビタミンの量も変わってきます。

こういった事を考えると、野菜や穀物で栄養をとるのを心がけた上で、万が一不足する場合にそなえ「保険」の意味でマルチビタミンのサプリメントを摂取するのが理想的だと思います。

丸本淑夫という方が書いた養に関する本を読んで見て下さい。彼が推奨するのはその国の伝統的な家庭料理を基本に食を組み立てていけば大きな間違いのない栄養が取れると言う理論です。 ただし、ビタミンやミネラルの必要量は各人異なる(生化学的個性)があるので、「保険」の意味でもサプリメントを摂るいうことを彼が推奨しています。 

良く「バランスの取れた食事」などと世間でいいますが「戦争のない平和な世界」と同じで具体性が無いですよね。 ですから丸本氏が進める伝統食+サプリメントが一番良いと考えではないでしょうか。 

サプリメントの知識をつけた上で活用することが大事なんです。


サプリメント(栄養補助食品)のこと>栄養管理にサプリメント

栄養管理、サプリメントって何だ?

今日も暑いですね〜♪こう暑い日が続くと体調を崩しやすいから
しっかり体調管理しましょうね。

え〜とこれってあったり前の話ですが、いちょう書いて見ましょ。

このあたりからサプリメントを勘違いしている人がいますからね!

サプリメントってなんだ!!!!!!!

サプリメントを薬だと思っている方、残念ですが間違いですよ。(^^;;
サプリメントを健康のために役に立てたいのであれば、しっかり頭にいれて下さい!

見た感じは、錠剤でお薬のような形ですが、「サプリメントはお薬ではありません。」栄養がいっぱ〜い詰まった、食べ物です。食品ってことね。。

ちがうよ〜!サプリメントはお薬です。っておっしゃる方がいるかもしれませんが、間違ったことを教えられたんでしょう。間違いです。サプリメントは食品です!!

だから、ぜった〜いに、「サプリメントが病気を治せないんです。」これほんとです。
病気になったら、お医者さんに行って下さい。

このサプリメントは、○○の病気にいいみたいよ。なんて思っている方、それから、サプリメント摂ったって病気なんか治らないよ。気休め程度のものだよって思っている方は、いつまでたっても、サプリメントを役に立てることができないんです。


サプリメントはお薬では無い!
サプリメントが病気は治らない!


しかし、サプリメントは栄養管理にとっても役に立つんですよ。

このサプリメント=食品ということをしっかり、頭に入れて私たちの体の中でどんなふうに役に立つのかってことを調べて理解してから、サプリメントを摂ってほしいものです。

「サプリメントを理解して目的を知りのその効果を最大化にしてね!



サプリメント(栄養補助食品)のこと>栄養管理にサプリメント

栄養管理にサプリメントの目的を知ってる!


あなたは、サプリメントの目的をちゃんと理解していますか?

栄養管理には、サプリメントがほんと便利なんです。このことほんとうに理解しるんだろって最近つくづく思いますね。
と言うより、サプリメントの目的を勘違いして、摂っている方が多いんです。

これを摂れば、○○に効果が出るって過剰に思いこみ、摂っている方が非常に多いんです。

せっかく高い買い物するのに、いやいや、もっと重要なことだと、あなたの体の中に入れる食品なのに、サプリメントを知らないで購入する方がいるんです。怖いんです。

もっとサプリメントについて勉強してもらいたいですね。

ネットでサプリ関係のコミュニティサイトなどを見たら、そんな方がいっぱい悩みを抱えているんです。

プライバシーがありますから、引用する訳にはいかないので、どんな方々かと例えると!
パソコンの使いかた、目的なども知らないで、量販店パソコンを買いに行き、店員さんのこのパソコンの処理スピードが他のものより優れています。そしてハードディスも○ギガで、メモリーを○ギガで、それからこんなに豊富なソフトがついています。サポートも充実していますよ〜。なんて営業トークを聞かされて、何となく便利で使えそうな気になり、いいね〜♪と購入してしまい、買ったは良いが、さてどうやって使うの?パソコンの使い方、性能、使用目的も持たないで、ちょこっとパソコンにかじりついたが、そのうちにほんとうに必要だったのは、このパソコン、ソフトでは無く、あのパソコン、ソフトだったんだって気づき、また目的のパソコン探し始め、それで、いくものただの四角い箱と使わないソフトの山に埋もれているんです。

こんなことがサプリメントにも同じように言えるです。

パソコン使えない、目的も知らないであなたは、パソコン買いますか?
ま!このブログも見ている方は、パソコンは上手に活用している方でしょうから問題はありませんね。

では、サプリメントはどうですか?

本当に、サプリメントを理解して目的を知り、納得した上で購入して摂っていますか?

まずは、サプリメントについて徹底的に調べてもらいたいものです。目的を知らない人は、サプリメントが役に立つと思えなくて当然です。
サプリメントは役に立つ!このことは、サプリメントの目的を持った人にだけ言えることだと思います。

今日は、久しぶりの更新で、愚痴っぽくなってしまいましたが、これは伝えなくては行けないなーと思いましたので、書きました・・・

次は、是非こういった方の為に

●サプリメントっ何だ?
●サプリメントは何の為にあるの?

このあたりについてブログを更新して行こうと思います。

では、楽しい休日をお過ごし下さい。あ!働いている方はご苦労さまです。

「サプリメントを理解して目的を知りの効果を最大化にしてね!





サプリメント(栄養補助食品)のこと>栄養管理にサプリメント

栄養管理、血管、骨、腸を若々しく保ち健康寿命を延ばしましょう!


健康寿命って知っていますか〜ぁ

私たち、みなさんが日常の生活を自立して元気に過ごせる期間を、『健康寿命』と言うんですね。

平均寿命と健康寿命の差が6.4年あるそうです。健康寿命を延ばして平均寿命に近づけることが、国民健康づくり運動「健康日本21」の目的の1つになっているんですね。

では、健康寿命を延ばすために、左右する3つの年齢とは、ここがポイントですので確認しましょう♪

1.血管年齢
老年期痴呆の原因の3割以上を占める脳卒中は、血管年齢を若く保ち、動脈硬化を防げば減らすことができます。

2.骨年齢
寝たきりの二大原因は、脳卒中と骨折(骨粗鬆症)です。寝たきりを防ぐには、骨年齢を若く保つことが重要です。

3.腸年齢
加齢に伴い腸内ではビフィズス菌などの善玉菌よりも、悪玉菌が優勢となり免疫力の低下をまねきます。腸内を善玉菌優性に保つこと、すなわち腸年齢を若く保つことが大切です。

それから、日常生活の中で健康寿命を延ばすための栄養管理、食生活はどんなことを注意すればいいのでしょう。

健康寿命をのばす栄養管理、食生活5つのポイント!

1.塩分を控える

食塩は血管の老化を早める元凶です。食塩摂取の目標は1日10g未満にしましょう。

2.動物性脂肪のとりすぎに注意

丈夫な血管を保つには、良質のタンパク質が必要です。脂肪を落として食べる工夫をしましょう。

3.野菜たっぷり、果物どっさり

野菜と果物は、抗酸化物質やカリウムの宝庫!血管を痛めつける活性酸素を消去し、血圧を下げてくれます。

4.牛乳・乳製品を積極的にとる

牛乳・乳製品は良質のたんぱく質とカルシウムの重要な摂取源。血管と骨を若く保つのに欠かせません。ヨーグルトには、腸年齢の若返り効果も期待できます。

5.大豆製品、魚、海藻をきちんととる

大豆は良質のたんぱく質、カルシウム、イソフラボンの摂取源。魚はEPAやタウリンが豊富です。海藻が含む水溶性食物繊維は余分なコレステロールの吸収を妨げるほか、腸内でビフィズス菌の増殖を助け、腸の若さを保ちます。

以上のポイントを意識しながら普段の栄養管理、食生活などを注意して見ましょうね。。

サプリメント活用の極意!」サプリメントの効果最大化の知恵を盗んでね!




サプリメント(栄養補助食品)のこと>栄養管理にサプリメント

栄養管理、骨粗鬆症の改善や予防に役立つサプリメント



骨粗鬆症は特に中年以降の女性にとって深刻な健康問題になっています。中年後期あたりから、エストロゲンなどの女性ホルモンの分泌が急激に減ってしまうことが原因で、骨量が減り始め、骨がもろくなってしまう病気です。

骨密度には、カルシウムが関係していますが、それを左右するのはパラソルモン、活性化ビタミンD、カルシトニンといったホルモンのバランスです。

普段の食生活、栄養管理しても、カルシウム摂取不足な人は多いとことでしょう。そういう人は将来、骨粗鬆症になる可能性が高いと思います。

そういった方、栄養が偏っていると思う人は、サプリメントで補うことをお勧めいたします!

骨粗鬆症を予防するサプリメントはこういった栄養素が必要です。

骨を構成している成分はコラーゲンをはじめとする骨基質タンパク質とカルシウム、リン、マグネシウムなどのミネラルです。

これらは食事から摂取することができますが、骨をつくるためにはさらに、ビタミンD、K、C等が必要です。

骨代謝に関係する栄養素は、ビタミンDは腸管においてカルシウムの吸収を促進し、ビタミンKは骨基質たんぱく質の一つであるオステオカルシンの合成を、ビタミンCはコラーゲンの合成を助けます。たんぱく質も正常な骨形成に欠かせない栄養素です。

・カルシウム、リン、マグネシウムは、骨の形成に必要です。
・ビタミンD:腸管におけるカルシウムの吸収を促進して骨の形成を助ける。
・ビタミンK:骨基質(オステオカスシン)の合成に必要
・ビタミンC:骨基質(コラーゲン)の合成に必要
・タンパク質:骨の形成に必要ですが、摂りすぎたらカルシウムの排泄が促進される。

健康的な骨中カルシウム含量を維持するには、カルシウムが適切に吸収、利用されるように相乗効果の高い成分イプリフラボンという栄養素を摂るといいでしょう。
イプリフラボンは、骨へのカルシウムの吸収を促進します。

「サプリメント活用の極意!」サプリメントの効果最大化の知恵を盗んで下さい!



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。