サプリメント(栄養補助食品)のこと>栄養管理にサプリメント

栄養管理、脳卒中の改善や予防に役立つサプリメント



老年期痴呆の原因の3割以上を占める脳卒中は、脳の血管に障害が起り脳神経細胞に損害を受けたり、脳神経細胞が壊死してしまうことの病気を総称して脳卒中と呼んでいます。
脳卒中は脳血管の動脈硬化にくわえて血栓が出来ることが最大の原因と考えられています。

そして、最大の危険因子は高血圧症といえます。また肥満や喫煙、大量の飲酒、ストレスも高血圧の危険因子ですので、日ごろから、これらの事に気をつけなければいけません。
食事は、青魚、大豆・大豆製品、魚介類、タマネギ、にんにく、きのこ類、海草類を食べる事によって、動脈硬化や高血圧を予防できる可能性があります。

ただし、EPA/DHAを必要摂取量を、食事で摂る場合に、サバでは半身以上毎日食べる必要が有ります。

食事で必要摂取量以上に摂るためにはそう容易ではありません。そういった時に、便利で簡単に栄養を補助するためサプリメントが必要になります。

脳卒中を予防するサプリメントはこういった栄養素が必要です。

○DHA/EPA

DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)はアジ、サバ、イワシなどの背の青い魚に含まれる不飽和脂肪酸のことで、以下の作用が期待されます。
・動脈硬化の原因となる血液中のLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪を低下させます。
・血栓の予防が期待できます。
・血液中のHDL(善玉)コレステロールの増加作用

○レシチン

レシチンは体のなかで水と油を乳化させる働きがあり、血液中のコレステロールを肝臓に運びます。そしてその結果血管壁に付着しているコレステロールを溶かし、更に肝機能を高め、脂溶性のビタミンA、Eなどの吸収を良くする働きもあります

○ナットウキナーゼ

このナットウキナーゼは唯一納豆だけに含まれる酵素で、血栓を溶かす働きがあり、脳血栓や心筋梗塞などの予防に有効なほか、血栓症、高血圧の予防と解消、癌、骨粗しょう症を予防します。

○アリシン

糖質代謝に必要なビタミンB1の吸収作用の維持力を高め、血液の循環を良くし糖質代謝も促進します。

エリタデニン

しいたけ特有の成分で、コレステロールの合成を抑え、動脈硬化の改善と予防、血圧の降下作用、脳血管性痴呆を抑制する効果が期待されます。


「サプリメント活用の極意!」サプリメントの効果最大化の知恵を盗んで下さい!





サプリメント(栄養補助食品)のこと>栄養管理にサプリメント

栄養管理、質の高いサプリメントの探そう!


栄養管理には、サプリメント♪が簡単便利なんですが、あなたの摂っているサプリメントは良質のものですか?

サプリメントの愛用者さま、ほんとうにあなたが摂っているサプリメントは効果が出ますか?良く「このサプリメントは、私に合う見たい」なんておっしゃっている方いますでしょ!それはどうでしょ・・・ある特定の方で、ある特定の成分がだけが良いってことではないのでしょうか?

良質のサプリメントは、ほぼ全ての方に結果の出る確立が高いものではないといけないものだと思います。人それぞれ、個人差はありますが、どうゆう状態で栄養素が体内に入ってくれば、一番いいのかってことは、全てみんな同じことだからです。これが、サプリメントを摂る目的なんですよ。←ここがサプリメントで得するポイントなんです。

良質のサプリメント選びに、どんな栄養素が入っているかを見る前に、この辺がもっと重要ですから、みなさんもチェックし見て下さい。

@天然栄養素でできていますか?
 良質なサプリメントの条件の第1に天然成分というのがあります。ワシントン大学のマイケル・マレー博士という栄養学の大家も、 「天然成分なければ栄養素は体内で仕事をしない。細胞にある受容体が合成物をはね除けるので、仮に血液中に運ばれたところで意味がない。これは自分自身を守る為の自己防御本能である。」というような事を言ってます。
ちなみに、日本国内においては、合成品が主に使われています。よ〜く確認して見て下さい!コ○○ニなどに置いてある、安いサプリメント!安いのはとっても嬉しいが、目的を無視して作られた安い商品がいっぱ〜いなんですよ。

A加工処理
 これも、重要です。せっかくの栄養素が殺されないで加工できているかってことです。絶対に低温による加工がされていなければいけないのです。栄養補助の世界では40度以上の熱を加えれば熱処理と言うんです。この辺は、製品には記載されていませんから、サプリメントメーカーさんに、問い合わせなどして見た方がいいでしょうね。また、会社がこういった事も理念に上げている会社だと一番いいんですが・・・実際そう多くなないです。

B何が入っているの?
 サプリメントを摂るには、当然のことですが、成分がちゃんと公表されているか?です。一般的には、主成分として記載されています。他に何が入っているかは、消費者を大切にしているのメーカーであれば、できるかぎり公表しているでしょうから、そういったメーカーを選ぶといいでしょう。

C栄養に関係の無いものが入っていないこと
 栄養補助に不要なものがどれくらい入っているかをチェックしましょう。まったく入っていない錠剤などは通常ありえません。例えば、食品添加物・防腐剤・合成着色料・香料・大豆抽出物・とうもろこし・塩・砂糖・石油化学物質といった栄養補助とは関係の無い成分が一般的には間違いなく入っていると思ってよいと思います。更に錠剤を作る場合、栄養素だけでは固まりませんので、ぞうねん剤、乳化剤、といったものを混ぜ込んで錠剤の形を作ります。「ショ糖脂肪酸エステル」などの代表的なぞうねん剤の含有量も調べて下さい。
とんでもない粗悪品は、高いお金を出して、錠剤成分の7割、8割がぞうねん剤だという事もあるのです。

D買った製品を一度、お湯に入れて見て下さい。
 アメリカのサプリメントには、消化管に入って何分以内に溶けなければいけないという「サプリメントの崩壊基準」というものがあります。日本は、薬だけですが、試しにサプリメントを人間の体温を同じぐらいの温度に入れてみて下さい。20分ぐらい崩壊するようでしたら良質と言えるでしょう。

この5つのポイントを参考にしながら、良質のサプリメントを選んで見て下さいね。栄養管理には、サプリメントがオススメですよ♪


パスピエ、じゅうべえさんの「サプリメント活用の極意!」良質なサプリメントを作るメーカ−を教えます。



サプリメント(栄養補助食品)のこと>栄養管理にサプリメント

栄養管理、サプリメントは便利だから摂るんですね♪


私たちの食生活、経済が発展し裕福になれば、食生活も変わってしまいます。

今では、栄養を取るという目的を無視した商品が沢山あります。「加工食品」「保存食品」「冷凍食品」「レトルト食品」「インスタント食品」といった便利な食材、みなさんもお世話になっていますよね♪

食の欧米化など、食べ物からの栄養摂取が難しくなった今、サプリメントを摂ることを十分に理解して、「やっぱり便利で簡単ですね。」と言う人が、これからの食文化をかしこく使いこなす人なんです。

たとえば・・・

特に、一人暮らしの方などは多いかもしれません、今日も仕事が終わった、帰りにコンビニでお弁当を電子レンジでチーン!あるいは、昨日の残り物があるから、自宅でチーン!なんて、良くあるでしょ!私も電子レンジは便利で今でも使っています。

しかし、電子レンジは食べ物の分子構造を破壊します。また、電子レンジは食品に含まれる大切な酵素を一瞬で奪ってしまします。私は満足しているんですが、私の体の中は苦労をしているんです。

加熱調理をする事で、本来の栄養素が失われるという話を、聞いたことありませんか?

ビタミンも50度を超える加熱調理で破壊されてしまいます。酵素に至っては40度以上の熱を加えると死滅します。

あなたの食卓に並ぶ料理は、どうでしょうか、酵素は摂れていますか?

「食事から酵素が取れない場合、体内の酵素が必要以上に消費される事になり、これが現代人の寿命を短くしている。」という米国の医学博士のエドワード・ハウエル氏の衝撃的な報告もあるんですよ。(脅かしてごめんね!)

ウソだと思うなら調べて見て下さい。

それから、ビタミンが豊富な野菜類、45年前には、ほうれん草100gの中には100gのビタミンCが含まれていたのが、20年前には65mg、5年前には既に8mgしか含まれなくなってしまっているという事が解っているそうです。40年でビタミンCの量が1/12に減ってしまっているのです。

普通に食べても、栄養が入っていないなんて・・・どんだけたべりゃいいんだ!!って感じですよね。

今から、栄養の入っていない食品なんて止めて、栄養の入った食生活を心がけて下さい。なんて!そんなこと普通に暮らす限り無理なんじゃありませんか?

もちろん意識して栄養素を含む食生活を心がけることは大切ですが、私は簡単に栄養管理ができる。サプリメントで栄養を摂る方法が良いと思います。毎日栄養バランスを考えるのは、ものすごく難しいですもんね。


パスピエ、じゅうべえさんの「サプリメント活用の極意!」サプリメントで栄養を摂る方が、簡単便利なんです♪を教えます。




サプリメント(栄養補助食品)のこと>栄養管理にサプリメント

栄養管理にサプリメントは、ほんとうに役に立つ?



栄養管理には、サプリメントが便利で簡単ですよ☆

サプリメントの市場は、年間で数千億円とも言われ、年々新製品が登場し、さらにサプリメントの市場拡大が予想されるていますね。民間調査会社の報告によると、1996年に9,662億円だったサプリメントの出荷額が、2003年には1兆4117億円にまで増えたそうです。

その後2004年のコキュー10のブーム等もあり、2005年と更に伸びているでしょう。2002年末に行われた「日本健康・栄養食品協会のシンポジウム」によると、2010年にはその消費額が年間2兆5千万円に達する見込みだそうです。

もう、私たちは、今の食生活で健康を維持できる状況ではないのでしょうか?・・・なんか寂しいですね。

サプリメントは、私たちにとってほんとうに役に立つものでしょうか?

このブログを見ている方、サプリメントこんなの気休めだよ!とかサプリメントを摂ったことがあるけど、ぜんぜん効果ないよ〜って感じている方、色んな考え方の人がいるでしょうね。。

栄養を補助するに、サプリメントで少しでもよくしようと、αリポ酸/L-カルンチン/L-オルニチン/コエンザイムQ10、のマルチビタミンなども色々と摂っているって方、効果はどうですか?


サプリメントを摂れば、お肌がピチピチ、ぷるんぷるんの張り良いお肌になるために、サプリメント摂っている方、効果はどうですか?


ビタミンも、ミネラルも話題のCoQ10も、ただ飲んでいるだけでは効果はなし、サプリメントを正しく理解している方って、意外に少ないんでは?


サプリメントの働きは、エネルギーを作り出すことが目的なんです。あなたの生命を維持する事が一番のお仕事なんです。


サプリメントに興味のな方へ・・

サプリメントは栄養補助食品ってことはお解りですね。あなたがサプリメント興味が無いのは、サプリメントの目的と、サプリメントが簡単、便利ってことが知らないからなんですよ。


サプリメント摂ってるけど、効果がないな〜と感じている方へ・・

サプリメントは、病気を治しませんよ!過剰に効果を期待してはいけません。。サプリメントには出来ることと出来ないことがあります。せっかく摂るサプリメントだったら、効果的に摂りたいですよね。


目的を知らない人は、サプリメントが簡単、便利で役に立つと思えなくて当然です。「サプリメントはぜったいに役に立つ!」これは、目的を持った人にだけ言えることなんでのですよ。

正しい情報を得ることで、あなた自身のサプリメントに対する考えを再確認しましょう。

サプリメントは無駄なものなのか?それとも役に立つものなのか?


パスピエ、じゅうべえさんの「サプリメント活用の極意!」サプリメントを摂っている方、摂ろうと思っている方は、効果最大化の知恵を盗んで下さい!




サプリメント(栄養補助食品)のこと>栄養管理にサプリメント

栄養管理には栄養補助(サプリメント)が必要なんです。

こんにちは、テツです。

まずは、このブログ読んで見てくれる方へ、プロフィールにも書きましたが、私がなぜ栄養管理には栄養補助(サプリメント)が必要だ!と感じているのかについてこのブログに書き込んで行きますので、今後とも、気が合いましたら長いお付き合いよろしくお願いしますね。

私が、初めて健康って大事だな〜と思った経験からも、栄養管理に栄養補助(サプリメント)は簡単、便利なんだ!ってを話しをしたいと思います。ちょっと長くなっちゃいますけどね・・

(どうでもいいやって方は、どうぞ読み飛ばして下さい。)


健康ていいなぁーと感じた初めての経験

今からずいぶん昔の事でした・・・

よく、うちの父と母がこんな事を言っていたね。

・食事は好き嫌いしないで食べないと病気になりますよ!
・3食きちんと食べなさい!
・バランスよく食べるないと駄目だよ!


あのころの私は、またいつものように小言を言っているよ!ぐらいにしか思っていませんでした。

野球部に所属していた、私は至って健康的な中学生だったんですね。自分ではそう思っていました。

部活は厳しかったが、部活が終わると決まってみんなとお菓子を食べながら、学校のこと、野球のこと、恋の話、色んな話で盛り上がってから自宅に帰るという、こんな生活を続けていました。恐らくみなさんもこんな経験あるでしょう。(そのことをうちの方では買い食いってました。)

好きな時に、好きな物を食べて、暑さのせいで夏バテなどで、まともに食事をとれない日などもありました。父と母が言う、3食きちんとバランスよく食べなさいと言われていたのに!守っていなかったのですね。

そんな生活を続けていた、ある時に体調が悪くなり、ひどく疲れを感じる事があったのです。母に、調子が悪いな〜と相談して見たら、一度検査して見ましょう!と母が言うのです。(当時、私の母は近くの病院で看護婦していました。)
それでも、私はこれくらい大丈夫・大丈夫と思いながらも、とりあえず病院に行ったのです。

診察して検査も終わり無事帰宅し、後日改めて検査結果を聞きに行ったのです。

検査の結果は、異常な貧血だと言うのです。どうやら血液中のヘモグロビンが異常に少ないとの事で、当時の診察では中学生の女生徒よりも少ないと医者に言われました。

今まで健康で、病気にと縁がなかった私にとっては、正直いって本当だろうか?と半信半疑でした。少し休めば直るでしょう!ぐらいにしか思っていなかったんです。

これから何が起こるか?まったく理解していない私は、すぐに直るから少しの辛抱だ!言い聞かせ、とりあえず体調が戻るまで、好きな野球を休部することにしました。

ところが辛かったのはこそれだけではなかったのです。自分の息子が病気なった母は、母親と看護婦の立場から当然ほっとく訳けにはいきません。

母の食事制限による治療計画が始まってしまったのです。

食事は、3食きちん食べる事、間食はしない事はあたりまえ夕飯には決まって、貧血にはレバーが良いと、2日に1回はレバニラ炒めの食事が続きました。

3食きちんと食べる事と、好きな野球がやれないことはさほど苦にはならなかったが、2日に1回のレバー攻めが戦いでした。

とにかく、レバー攻めの食事から抜け出したくて、必死に規則正しい生活を没頭する毎日でしたが、痛くもない病気になのに、何故こんな辛い毎日を過ごすのか?とか、本当にレバーを食べていれば直るの?と半信半疑ながらも、母に励まされ続けていました。

するとどうでしょう!検診に行くたびに、ヘモグロビンが正常に戻ってきていると言うのです。
1ヶ月ほど続けたでしょうか、正常な数値に戻りやっと普通の食生活(レバー無し)をする事ができたのです。

この時のことは忘れもしませんね。やっと好きな物が食べられる、好きな事がやれる、何よりもレバーを食べなくても済むんだと、幸せを感じましたね。ほんとうに、健康ていいなぁーと感じたのを今でも鮮明に憶えております。

これが、私の健康ていいなぁーと感じた初めての経験でしたね。

こんな経験からも、やっぱり健康とは、私達の食べるという習慣で大きく左右される要素であることは間違いないのでしょう。



食べる=栄養を補うですよね。



国立・栄養研究所さんも、生活習慣病になる原因をしっかり知識をつけて、生活習慣病にならないように改善した規則正しい食生活をおくれば、生活習慣病を防げると言っています。

私たちの毎日の食生活の中で、どのような食品をどのように調理して食べるかによって、私たちの健康は大きく左右されます。特に、現在の死亡原因上位を占めるがん、心臓病、脳卒中などの生活習慣病は、食生活との関係が深く予防には、正しい栄養の知識を持ち、頭を使って食べる事が重要だそうです。



栄養についての知識を身に付けることですね!



どうですか?みなさん、今の生活スタイルで国立・栄養研究所さんが言うように規則正しい食生活をおくれそうですか?


私は、正直無理だと思いました。


今でも、食事を正しい栄養の知識の元に食べた事などもありませんし、今日はこれがたべたーいと、好きな時に好きな物を食べて生活しています。

適度な運動とか、禁煙、節酒などは個人の努力でどうにかなりそうですが、食事については朝・夕は、妻が作る食事を食べています。妻に主食、主野菜、副菜をそろえ、目標1日30食品でお願いしま〜す。なんて言うと・・・・

そんなの毎日できますか?て言われそう(大きな声では言えませんが・・^^;;)

それから、仕事などで遅くなる時もあります。そんな時は、食事も遅くなり健康に大事な睡眠十分ではない時もあります。働き盛りの年齢の方は、みなさんそうではないですか?

健康も大事ですが、仕事もしなければ生活もできませんもんね!

また、社会人であれば誰でも、お付き合いとかもあるだろうし、ついつい飲みすぎなんて事もありますよね。(私だけか〜ぁ?)

外食でも、本当に栄養を考えた食事を出す所を選んで食事しなければいけないし、適正な摂取エネルギー量なんて私にはできそうもないです。

現実に、このような食生活(必要な栄養を適量・バランス良く、毎日)を規則正しく続けている方は、私から見てとても羨ましいかぎりです♪

皆さんはどうですか?私と同じ食生活をしている人がほとんでではないかな〜?逆に今の生活スタイルを変えようと思い、無理が生じてストレスを感じ健康のために病気になったなんて事にならないだろうか?



色々考えてしまいますね。私もずいぶん考えてしまいました



あったりまえですが、病気になれば専門の医者にまかせるのが当然ですね。今の生活をしながらも、健康を維持できるような生活はできないものか?
また、健康維持するために、無理なく出来ることはないだろうか?と考え調べていったら・・・・答えが出たのです。。(答えがでるまでは長かったです。)



栄養を管理するには、栄養補助(サプリメント)が簡単で便利と答えが出たのです。


今では、栄養補助(サプリメント)無しの生活は考えられなのですが、ほんとうに便利で簡単なんです。もちろん健康を維持する目的においては、栄養補助(サプリメント)を摂るだけではダメですけどね。


好きな時に、好きなものを食べて、いつでもどこでも場所に限らず手軽に栄養補助が出来る、こんな良い物はサプリメント以外にはないですよ〜。


そんな健康になるための栄養管理には栄養補助(サプリメント)がとっても簡単、便利な活用術をブログで紹介して行きますので。今後ともよろしくお願いしますね。

長々と読んでもらって、ありがとうございました♪

いつしょに栄養についての知識を身に付けていきましょうね♪


パスピエ、じゅうべえさんの「サプリメント活用の極意!」サプリメントを摂っている方、摂ろうと思っている方は、効果最大化の知恵を盗んで下さい!


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。