栄養素のこと>栄養管理は栄養素

健康な肺と呼吸のサポートをする栄養管理

私たちはの肺は生きるために行う呼吸の通り口となっています。一息ごとに、エネルギーを得るために燃料を燃やす酸素が取り込まれます。体内の使用後のガスは呼気として体外に出され、代謝から発生した多くの老廃物 (特に二酸化炭素) を含む血が浄化されます。
あなたも、今の生活環境を考えて見て下さいね。


その前に!・・ランキングにポチッと応援よろしくです!→banner_02.gif



私たちの環境は、喫煙をはじめとする生活習慣のほかに、建物の建材に使われる化学物質も影響する「シックハウス」、屋外の排気ガス、車両や航空機から発生する、科学燃料の燃焼によるなど複数の排出物質だけでなく、他の物質から発生する微粒子も吸い込んでいるのです。

ここ数年、環境にもずいぶんと改善はされてきていますが、まだまだ私たちの呼吸する空気には多く浸透しています。

健康な肺機能をサポートして維持することは、健康と高い生活の質にとって必要不可欠です。肺が日常的に直面しているすべての問題を解決するために、肺も栄養上のサポート、栄養管理が必要なんですね。

健康な肺機能を栄養素でサポートするには、n-アセチル-システインなどのアミノ酸、カロチノイド植物栄養素、ヤナギトウワタ根などの栄養素と、世界中で伝統的に使用されているハーブやハーブエキスなどを、サプリメントで補助したほうが一番いいでしょうね。
あなたの肺の呼吸をサポートする栄養管理をして上げて下さいね。。
自然な呼吸プロセスを助け、肺を栄養面で総合的にサポートすることをおすすめいたします。


栄養管理とサプリメント活用術、肺と呼吸のサポート

N-アセチルシステインで活性酸素を防ぎましょう

ハーブで相乗効果のある栄養管理


ランキングにポチッと応援よろしくです!→banner_02.gif



栄養素のこと>栄養管理は栄養素

目に栄養素をあたえる栄養管理しましょう



私もそうです。最近!長時間パソコンに向かうことが多いです。

長時間目を使っていると、目がかすむってことありませんか?目も生きていますので疲れているんでしょうね。少し休憩するのはもちろんですが、目に栄養を与える栄養管理も必要ですよ。

その前に!・・ランキングにポチッと応援よろしくです!→banner_02.gif


目の栄養管理に、ビタミンの補給はかかせなものです。

○ビタミンAは目の健康を守り、視覚機能の低下を防ぎ眼病予防をしてくれます
○ビタミンB1、B2は目の粘膜を保護し、目の疲労回復を促進する働きをします。
○ビタミンCは目の粘膜を強化し、水晶体を保護する働きがあり目の老化を防ぎます。

○ビタミンA、Bを多く含む食品

 豚肝臓
 うなぎ
 抹茶、
 しその葉
 パセリ
 にんじん
 ほうれん草
 かぼちゃ

ビタミンCを多く含む食品

 パセリ
 いちご
 ピーマン
 小松菜
 大根の葉
 ほうれん草
 わけぎ
 みかんなど

他に目に良いものといえばブルーベリーとルテイン、ゼアキサチンという2種類のカロチノイドですね。

ブルーベリー含まれる「アントシアニン」は、疲れ目や視力低下を防ぐ瞳のための栄養素です。
ルテインやゼアキサチンは目の網膜や水晶体に多く蓄積され、紫外線や活性酸素から目を守るフィルターとしての役割を果たしています。 

最近目が、かすむな〜なんて感じている方、疲れ目だからって休憩するのはいいけどほっといてはいけませんよ!目のトラブル疲れ目やドライアイ、紫外線の目への悪影響などで目はすっかり疲れています。目へ栄養補給をしましょう。

栄養管理とサプリメント活用術、目のサポート

フリーラジカルの攻撃から目を守るための栄養管理

カロチノイドで黄斑を保護する栄養管理

毛細血管への栄養補給を助けるには!


ランキングにポチッと応援よろしくです!→banner_02.gif


栄養素のこと>栄養管理は栄養素

癒しの栄養管理でストレスを緩和する。

私達の生活は、ますますストレスが増えるばかり・・ひしひし感じる今日この頃です。

そう感じる人は多いんじゃないでしょうか?

ストレス解消に栄養管理も大切ですよ。

毎日の生活スタイル、朝起きて通勤地獄。仕事も大変、人間関係も複雑、特に食生活では「ファーストフード」的なライフスタイル、家族が病気になったなどなど・・嫌なことや精神的な心配事がストレスを引き起こす原因になることは言うまでもありません。

そのストレスを解消するために、タバコ、アルコール、薬物類 (処方箋薬/市販薬)、などにたよる人もいますが、ニコチン、アルコール、薬物類を摂取すると、体内で特定の栄養素が必要となり、普段の食生活ではこのような栄養素は不足がちになるんですね。

また、「コンフォートフード (気持ちを和ませる料理)」は糖分、脂肪分、でんぷんを多量に含んでおり、栄養分が非常に少ないため、ストレス解消に必要な量のクロミウム、ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、亜鉛、銅、マンガン、セレニウム、ビタミンB、C、Eなどの栄養素を摂取できていません。

そのようなことから、どんどん体の中での栄養バランスが悪くなり、ストレスが原因となり病気になる場合もあります。

そんな時こそ!癒しの栄養管理、サプリメントで栄養を補助すると簡単なんですね。
どんな栄養素がストレスに良いのか集めてみました。参考にして見て下さい♪

ストレスはどこにでもあります。これを避けて生きていくことは非常に難しいことですが、むしろストレスと、うまく付き合って行くのが重要なんです。

いろんなストレス解消方法があると思いますが、栄養管理の面でも気をつけて、ストレスの無い生活を目指していきましょう。

栄養管理とサプリメント活用術、ストレスを緩和する

癒しの栄養管理、ストレス解消を促すにはハーブ




その前に!・・ランキングにポチッと応援よろしくです!→banner_02.gif






栄養素のこと>栄養管理は栄養素

栄養管理、栄養のとれる朝食!


こんちわ!今日はいくらか過ごしやすい陽気ですね。

みなさんは、毎朝ちゃんと食事をしていらっしゃいますか?なかなか時間が取れない方もいると思いますが、簡単に栄養の摂れる朝食をとりたいですね。

近年、朝食を摂らない男性が増えているそうです。20歳代の男性で毎日朝食を摂る人は35.5%しかおらず、3割の人が週の半分以上は朝食を摂らない生活を送っているそうです。

ではなぜ!朝食が必要なんでしょうか?

朝食は英語でbreakfastといいますね。この語源はbreak(やめる)+ fast(断食)で、断食のあとに食べる最初の食事のことをいうそうです。

朝食の目的は、体温を上昇させ、脳にエネルギーを供給してその働きを活発にし、心身ともにすっきりとした目覚めを迎えることにあります。

脳のエネルギーはブドウ糖です。夜、7時頃に夕食を摂った場合。エネルギーの素であるブドウ糖は肝臓や骨格にグリコーゲンとして貯えられますが、そのグリコーゲンは、あまり長時間もちません。脳はエネルギーを貯えることができないので、常にブドウ糖を供給することが必要です。グリコーゲンは夜間消費しつづけられているのです。朝食を摂らずに仕事や勉強をすると、10時頃にはエネルギー切れを起こし、脳の働きが低下します。さらに、食べる行為自体が体温の上昇を促し、脳の働きを活発にします。

腸にとっても大切です。朝5時頃から最も活発に腸は動き出します。朝食は、さらに腸の活動を活発にし、排便を促す作用もあります。身体の1日のリズムをつけるのに太陽光線が効果的であることはよく知られていますが、朝食も体内リズムを刻むのに効果的なのです。

では、どんな朝食がよいのでしょうか?

1日に必要な栄養の約4分の1から3分の1を朝食で摂るようにすること。昼食・夕食の2食では1日に必要な栄養を充分に摂取できません。主食、卵料理にキャベツ、牛乳・ヨーグルト。このような食事でよいのです。今まで食べずに出かけていた人は、ヨーグルト1個でも牛乳1本でも構いませんので、何か口に入れるようにしましょう。
また、パンと牛乳だけだった人は、ベーコンエッグと野菜などを一皿加えるようにした方がいいでしょう。

果物もとってもいいです。特にバナナは簡単に食べれて栄養価もすごく高いのですし、シリアルとヨーグルトにプラスするだけで全然栄養価が違ってきますから、オススメです!豆乳とバナナと黒ゴマをミキサーにかけたジュースもいいと思いますよ。

あとこんな便利なものもあります。江崎グリコの毎日果実忙しい朝でも手軽に栄養補充できますよ。また朝食後にはビタミンCをサプリで補うと効果的です。できれば天然のビタミンCが良いですね。

朝食をきちんととって、すがすがしい一日のスタートを切るのが、健康に生活する秘訣ですね。

かしこい現代人はサプリメントを活用しよう!




栄養素のこと>栄養管理は栄養素

栄養管理、国立栄養研究所による生活習慣病の予防!から学ぶ



たまたま、私が健康について学んで見ようと思いついた時、会社の掲示板に生活習慣病についての資料が掲載されておりました。国立・栄養研究所の発行の物で、生活習慣病の予防!と生活習慣病を防ぐ食べ物!について記載されていました。

私たちの毎日の食生活の中で、どのような食品をどのように調理して食べるかによって、私達の健康は大きく左右されるそうです。とくに、現在の死亡原因上位を占めるがん、心臓病、脳卒中などの生活習慣病は、食生活との関係が深く、予防には正しい栄養の知識を持ち、頭を使って食べる事が重要。では、その生活習慣病の起こる原因と改善点を見てみましょう。さあ!しっかり知識をつけて行きましょうね。


食生活と生活習慣病の大きな関係

生活習慣病には、遺伝などによる体質のほかに食生活や運動習慣、ストレス、喫煙、飲酒などが深く関わっています。なかでも、食生活との関係は大きく、過食や栄養のかたよった食習慣は、肥満や糖尿病、高血圧病、高脂血症、高尿酸血症、通風を招く原因となっています。

1.肥満
原因:食べすぎ、飲みすぎ、運動不足です。糖尿病、高血圧病、高脂血症、高尿酸血症、通風、脂肪肝、胆石などの発病率を高めます。
改善:食べすぎ食べ過ぎ、飲みすぎによる過剰摂取に気をつけ、1日30分以上、週3回の運動で消費エネルギーをふやす事です。

2.糖尿病
原因:食べすぎと、運動不足です。放置すると、網膜症や神経障害などを招いたり、冠状動脈の動脈硬化も進みやすくなります。
改善:原因の1つでありあります。肥満の解消に努めます。(ダイエットて事ね)食べ過ぎ、飲みすぎによるエネルギーの過剰摂取に注意し、運動を心がけることです。

3.高血圧病
原因:塩分の過剰摂取が関係しています。放置すると、動脈硬化が進み、脳卒中、狭心病や心筋梗塞、腎臓病など、重大な病気を招きます。
改善:減塩が第一です。調理は薄味に、塩蔵品や漬物は控えめにして、塩分を1日10kg以下に抑えましょう、肥満の解消も重要です。

4.高脂血症
原因:高コレステロール血症は動物性脂肪やコレステロールのとりすぎが、高トリグリセリド血症は糖分のとりすぎや多量飲酒が原因です。
改善:運動を心がけ、偏食や多量飲酒に注意し肥満を解消すること。放置すると、動脈硬化から脳閉塞、心臓病、腎臓病を招きます。

5.高尿酸血症 通風
原因:食べすぎ、飲みすぎが大きな原因です。高尿酸血症を放置すると、足指の関節の痛みからしばしば始まる通風発作を起こします。
改善:食べすぎ、飲みすぎに気をつけて、肥満を解消しましょう。放置すると、腎臓機能が低下したり、腎臓・尿管結石の原因になります。

がん発生にも食生活の影響は大きい

イギリスの疫学者R.Doll博士によると、食生活は発がん要因の35%を占めているといわれています。これには、カビや焼け焦げなど、食品に含まれる発がん物質だけではなく、かたよった食事など、食べ方の問題も含まれています。がんの発生にも、誤った食習慣が深くかかわっているそうです。

食道がん
熱い食べ物や飲み物、刺激の強いもの、喫煙、強いアルコールなどは要注意です。たんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの不足も問題です。

胆のうがん
動物性脂肪やコレステロールの多い食品のとりすぎは、胆石から胆のうがんを招きやすいと言われています。脂肪のとりすぎは要注意です。

肝臓がん
アルコールの飲みすぎは、肝硬変から肝細胞がんの発生につながります。ピーナッツなどのカビや低栄養状態も関係するといわれています。

大腸がん
動物性脂肪のとりすぎやアルコールのとりすぎは大腸がんを発生させやすいといわれます。食物繊維の不足も深くかかわっています。

乳がん
動物性脂肪のとりすぎ、アルコールのとりすぎは要注意です。肥満女性に多いことから、エネルギーの過剰摂取も問題だといわれます。



国立健康・栄養研究所「あなたを守る健康ファイル17(生活習慣病を防ぐ食事)より引用」

生活予防のための食生活

生活習慣病を防ぐには、適正な摂取エネルギー量を守り、栄養のバランスの取れた、食事を適切に規則正しくとることが大切です。どのような食べ物をどのようなことに、注意して食べべればよいのでしょうか?厚生省によって作成されているのが『生活習慣予防のための食生活指針』があるようです。

『生活習慣予防のための食生活指針』


1.いろいろ食べて成人病予防
・主食、主野菜、副菜をそろえ、目標1日30食品、いろいろ食べても食べ過ぎないように!

2.日常生活は食事とバランスで
・食事はいつも腹八分目。運動十分で食事を楽しもう。

3.減塩で高血圧と胃がん予防
・塩辛い食品を避け、食塩摂取は1日10g以下。

4.脂肪を減らして心臓病予防
・脂肪とコレステロールの摂取を控えめに。動物性脂肪、植物油、魚油をバランスよく。
5.生野菜、緑黄色野菜でがん予防
・生野菜、緑黄色野菜を毎日の食卓に。

6.食物繊維で便秘・大腸がんを予防
・野菜、海藻をたっぷりと。

7.カルシウムを十分とって丈夫な骨づくり
・骨粗鬆病の予防は壮年期から。カルシウムに富む牛乳、小魚、海藻を。

8.甘いものはほどほどに
・糖分を控えて肥満を予防

9.禁酒、節酒で健康長寿
・禁煙は、百益あっても一害なし。百薬の長アルコールも飲み方しだい。


『6つの基礎食品グループ』


第1群 魚、肉、卵、 大豆製品
(主に良質のたんぱく質を供給する)

いわし、さば、牛肉、鶏肉、ハム、鶏卵、豆腐、大豆など

第2群 牛乳・乳製品、小魚、海藻
(主にカルシウムを提供する)

牛乳、スキムミルク、チーズ、ヨーグルト、いわしの丸干し、しらす、ほしえび、こんぶ、わかめ、ひじきなど

第3郡 緑黄色野菜
(主にカロチンを供給する。ビタミン、ミネラルも供給する)

にんじん、春菊、ニラ、ほうれんそう、かぼちゃ、ブロッコリー、さやいんげん、トマト、グリーンアスパラ、ピーマンなど

第4郡 その他の野菜
(主にビタミン、ミネラルを供給する)

大根、かぶ、きゅうり、長ねぎ、レタス、ごぼう、しいたけ、えのきだけ、りんご、みかん、バナナ、キウイフルーツ、レモンなど

第5郡 米、パン、めんなどの穀類、いも
(主に糖質由来でエネルギーを供給する)

米、もち、パン、そば、中華めん、スパゲッティ、さつまいも、さといもなど

第6郡 油脂
(主に脂肪由来でエネルギーを供給する)

植物油(ごも油、オリーブ油、菜種油など)、バターマーガリン、マヨネーズ、ドレッシングなど


国立健康・栄養研究所「あなたを守る健康ファイル17(生活習慣病を防ぐ食事)より引用」

毎日の生活に取り入れて、頑張って見ようというお方はファイト〜ォ♪です。私んちは、少しでも意識して食生活できるように、冷蔵庫にマグネットで貼り付けています。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。