目的別に栄養管理>目のサポート

カロチノイドで黄斑を保護する栄養管理



目に関する最近の研究で注目を集めているルテインとゼアキサチンという 2種類のカロチノイドは、目の健康を維持する上で特に重要な栄養素です。

ルテインは、目の水晶体と黄斑の両方に含まれているカロチノイドです (黄斑は、網膜上の最も繊細かつ密集した神経網です)。

ルテインとゼアキサチンは、特異なパワーをもつ「カロチノイド」で、野菜などに含まれていますが、ルテイン、ゼアキサチン不足によるトラブルが問題になっています。

ルテインとゼアキサチンが豊富に含まれている食品は、ほうれん草、ケール、チリメンキャベツ、ロメイン レタス、エンドウ豆、卵黄、ニラネギなどです。

健康な網膜の黄斑にはルテインとゼアキチンサンが集中して存在しており、紫外線が網膜に射し込むと生じるフリーラジカルはこの2種類のカロチノイドにより中和されるものと見られていますので、目の栄養管理にはかかせませんね。

ルテインを摂取する方は、特にビタミンAを一緒に摂ると効果的です。また、ルテインは水に溶けにくいため、吸収されにくい性質があります。そのため、ルテインを溶解する 「大豆レシチン」 を一緒に食べると、より効果的ですよ。




ランキングにポチッと応援よろしくです!→banner_02.gif



目的別に栄養管理>目のサポート

フリーラジカルの攻撃から目を守るための栄養管理


ビタミンCは、ビタミンEを活性化させるというサイクルで、相互作用させる栄養管理をしましょう。

水晶体や黄斑 (光覚神経が最も集中している網膜領域) など、目を構成する精密な組織構造の多くは、フリーラジカルの攻撃に敏感なんです。

白内障などは、目の中のタンパク質を壊して水晶体をにごらせて、視界を鈍らせます。年齢と共に、白内障にかかる可能性は高くなっています。特にタバコを吸う人、糖尿病の人、また日光によく当たる人は、白内障にかかる率が高くなります。というのはフリーラジカルが発生して、体にダメージを与えるからです。

目の水晶体の主要な抗酸化物質であるビタミンCはビタミンEの貯蔵を促進し、ビタミンEはグルタチオンを活性化した状態で維持し、フリーラジカルの攻撃から水晶体を守ります。

目のビタミンCレベルは老化に伴い減少するため、適切なレベルのビタミンCを維持するには、ビタミンCを補給する必要があります。

リボフラビン (ビタミン B-2)、ナイアシンアミド (ビタミン B-3)、ミネラルのセレンはすべて、グルタチオンの保護に必要な成分です。亜鉛は、視力の維持に欠かせない網膜中の2種類の酵素の働きに必要です。

きれいな水晶体を保ち、ハッキリとした視界を保つために、目に良い抗酸化栄養素をたくさん取るような栄養管理しましょう。




ランキングにポチッと応援よろしくです!→banner_02.gif



目的別に栄養管理>目のサポート

毛細血管への栄養補給を助けるには!


栄養管理、特に目の毛細血管にはフラボノイドを注目することです。

一般に目の網膜に良いとされるアントシアニンが豊富に含まれているため、ブルーベリーを使用したサプリメントが多く市販されいます。
ブルーベリーの近縁種であるコケモモは、昔からヨーロッパで健康な目を保つために利用されてきました。

英国の飛行操縦士が、夜間飛行前にコケモモジャムを食べると夜間飛行中の暗視力が向上することに気づき、このことを報告したことを機にコケモモの研究が始まりました。研究の結果、コケモモの果実と葉に含まれている明るい色の抗酸化物質、アントシアニジンに、視紅 (暗所でものを見るときに、網膜の特殊な神経細胞が利用する紫色の色素) の栄養補給を促進する作用があることが判明したそうです。

これらのフラボノイドは、結合組織の形成を促進し、目をはじめとして体内の毛細血管の強化を促します。

毛細血管への栄養補給と血流を促す強力な抗酸化物質のヘスペリジン、ルチン、ケルセチンなども相乗効果を発揮しますね。ルチンは、目の血液循環の維持に関係する成分です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。